パラオ旅行・観光時の留意事項

 
パラオへの旅行を検討中の皆様へ

本記事では日本国外務省の配信情報をもとに、パラオへの旅行・観光時の留意事項をご紹介致します。

 

 
1 パラオには外出制限があり,コロール州においては18歳未満の未成年は法定代理人の管理責任の下,21歳以上の同行者がいる場合を除き,午後10時から翌朝6時まで外出が禁止されています。

 
2 パラオ国際空港からコロール州内への主要道路,及びバベルダオブ島を周回するコンパクト道路はよく整備されていますが,脇道は未舗装路も多く,4WD以外での車両では走行が困難な道路もあります。車道は右側通行となっており,運転技術やマナーは各人各様です。
 夜間には飲酒運転や,スピードの出し過ぎにより,死亡につながる事故も発生しています。また,歩行者保護の設備(歩道,歩道橋,信号付きの横断歩道,ガードレール等)が整備されておらず,歩行者への注意も必要です。,

 
3 長期滞在者向け注意事項
 現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく最寄りの日本国大使館又は各日本国総領事館に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(ORRネット,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても届出を行うことができますので,最寄りの在外公館まで送付してください。

 
出典:外務省 海外安全ホームページ(http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=272)

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。