3月7日、エディンバラ及びダンフリースにおいて不審物発見

イギリス-治安 テロ情報.001

 
英国にお住まいの皆様へ

 

 
1.7日、エディンバラの繁華街プリンシーズ・ストリートに所在する金融機関において不審物が発見され、建物よりの退避措置が取られると共に規制線が張られ、通りの通行が遮断されました。

 
2.上記とほぼ同時に、スコットランド南部のダンフリースに所在するグラスゴー大学のキャンパスにおいて不審物が発見され、施設の一部において予防措置として退避措置がとられました。

 
3.警察は、捜査を行うとともに、不審な郵便物等があれば当局に通報するよう呼びかけています。

 
4.当地に滞在している方や当地への渡航を予定している方は、以下の事項に留意し、不測の事態に巻き込まれないよう十分ご注意ください。

(1)テレビや新聞、インターネットのニュースなどに注意を払い、最新の関連情報の入手に努める。

(2)観光施設やイベント会場などの人が多く集まる場所、駅・空港・バスターミナルなどの主要交通機関、議会や政党事務所といった場所はテロ等の標的になりやすいことを認識し、これらの場所に滞在する際は常に周囲の状況に注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる、できるだけ滞在時間は短くするなど、その場の状況に応じて安全確保に十分注意を払う。

(3)不測の事態の発生を念頭に、会場や施設内では避難経路についてあらかじめ確認しておく。

(4)事件に遭遇した場合にはまずその場で身を伏せ、周囲の状況を把握するよう努め、可能であれば早めにその場から立ち去る。現場に警察官がいれば、その指示をよく聞き、冷静に行動するよう努める。

 
在エディンバラ日本国総領事館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。