大統領が債務補助法案に拒否権を発動したことによる農民デモの大規模化

 
8月7日(月)には,全国から農民がセントロ地区に集結するとの情報あり

 

 
本日(8月4日午前)カルテス大統領は,両院議会で可決された農民への債務補助法案に対する拒否権を発動しました。

 
これに伴い,特にアスンシオン市内の大統領官邸・私邸付近(マリスカル・ロペス通り,エスパーニャ通り),政府機関付近(セントロ地区)では,農民による大規模デモの展開が予想されますので,これらに巻き込まれることがないよう十分に注意してください。

 
また,来週月曜日(8月7日)には,全国から農民がセントロ地区に集結するとの情報もあることから,報道等の最新情報の入手に努め,むやみにこれらの地区に近づかないようお願いいたします。

 
在パラグアイ日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます。

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。