3月25日(月)、セラヤ市内で,在留邦人が被害者となる拳銃を使用した車両強盗事件が2件発生しました

メキシコのテロ・治安詳細情報.001

 
在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
1.事件概要

(1)3月25日(月)07:20頃,在留邦人女性が同乗しメキシコ人の夫が運転する車両で自宅(Valle de los Girasoles地区)を出発した直後に,脇道から出てきた犯人らの車両に道を塞がれ停止したところ,拳銃を所持した3人のメキシコ人が車両から降りてきて「車両から降りろ!携帯電話は置いていけ!」と命令された。
在留邦人女性及びその夫が車両から降りると犯人らは同車両に乗って逃走した由。身体にケガ等は無く、なお,車両及び車内に置いていたパスポート等の貴重品が盗まれた。

(2)3月25日(月)20:30頃,在留邦人男性1名がMateos通り沿いにあるスーパーSorianaで買い物を終えて車両で帰宅しようとしたところ,拳銃を所持したメキシコ人男性が同車両に近づき,銃口を在留邦人男性に向け「車両の鍵を出せ!」と命令してきた。在留邦人男性は,貴重品等を持って犯人の指示通り車両から出て鍵を渡したところ,犯人は同車両に乗って逃走した由。なお,車両及び車内に置いてあったPCが盗まれた。

(3)最近、セラヤ市内では今回の事件を含め本年2月から3月にかけて在留邦人から報告のあった車両強盗事件だけで3件発生しており,また報道ではレオン市やイラプアト市内でも同様の車両強盗事件(メキシコ人が被害者となる)が発生しています。また,シラオ市付近の45号線沿いにある「コンビニエンスストアー(OXXO)」や「スターバックスの駐車場」において,在留邦人や出張者が巻き込まれる車上荒しが発生していることからも,以下注意点を参考にして下さい。

 
2.注意点

(1)車両強盗事件は、特に早朝や夕方からの薄暗い時間帯、狙われやすい場所は交通量・人通りが少ない道路や、その道路に面している利用率が低い店舗の駐車場やガソリンスタンドにおいて発生しています。

(2)また、グアナファト州内では、深夜や早朝の時間帯、主に車両の通行量が少ない幹線道路や高速道路において、パトカーを装って被害車両を停車させて強盗に及ぶ事件や、走行車両の前面に車両を割り込ませたり、障害物を設置する等して車両を停車させて拳銃を利用して脅して強盗に及ぶ車両強盗事件も少なからず発生しています。

(3)このような事件に遭遇しないためにも以下の行動を取って下さい。

・辺りが暗いうちは不要不急な外出は避け、コンビニや薬局、ガソリンスタンドには立ち寄らない。

・利用率の低い店舗や警備が整っていない店舗には立ち寄らない。

・駐車する際は,人の通行が多い店舗出入口付近又は,駐車場を警備する職員等から目の届く範囲に駐車する。

・短時間駐車する際でも,貴重品は必ず携行する。

・常に周りに気を配り、怪しいと思った場合はその場から立ち去る。

・止むを得ず暗いうちに車両で走行する際は、交通量の多い道路を選ぶ。

・また、交通量の少ない道路を走行する際は、単独で走行せず、他の車両を追尾する形で走行する。

・常に周りの状況や環境を確認しながら運転することを習慣づけ、危険だと感じた際には、直ぐに車両を回避できる体制を整えておく。

(4)万が一,強盗事件に遭遇してしまった場合は,以下の行動を取ってください。

・反撃する様なことは考えず,両手をゆっくりと犯人の見える位置に移動させ、抵抗する気がないことを犯人に示すことが重要です。

・また、相手が拳銃を所持している場合は,急に動くと犯人から攻撃される危険性が高いため、落ち着いて犯人の指示に従い,ゆっくりと動くことが大切です。

・一般的には、無抵抗で金品を差し出した場合に、更に生命・身体に危害を加えられる危険性は低くなります。自分の命をかけてまで守る価値のある物は無いことを忘れないでください。

・解放され,自身の安全が確認された場合は,必ず緊急通報「911」又は,「ジャパンデスク(日本語対応01-800-976-7486)」へ通報し,事件の概要を報告して指示を得てください。

 
在レオン日本国総領事館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。