ワシントンDC内では比較的治安が良いとされている北西地区(NW)において,最近,殺人,強盗等の凶悪犯罪が多発しています。

アメリカのテロ・治安詳細情報.001

 
ワシントンDCにおける殺人,強姦,強盗等の粗暴犯の発生率は減少傾向にありますが,近隣州との比較では,バージニア州の4倍強,メリーランド州の3倍弱と依然として高水準にあります。

 

 
<最近のNW地区での事件(例示)>

 
●10月25日(水)午前2時頃
・強盗事件(拳銃使用)
・200 Cedar Street NW付近

 
●10月26日(木)午前0時30分頃
・強盗事件
・1400 Irving Street NW付近

 
●11月1日(水)午後8時~9時30分
・連続強盗事件(3件)。携帯電話を狙ったもの。
・デュポンサークル南西エリア

 
●11月5月(日)午後6時10分頃
・殺人事件(拳銃使用)
・900 Shepherd Street NW付近

 
●11月7日(火)午後8時15分頃
・殺人事件(拳銃使用。車両から発砲)
・1300 Rittenhouse Street NW付近

 
在アメリカ合衆国日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます。

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。