7月28日、ハンブルク市北バルムベクのスーパーマーケットにおいて刃物を用いた殺傷事件が発生しました。

ドイツ-治安 テロ情報

 
ハンブルク州、ニーダーザクセン州、ブレーメン州、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州にお住まいの皆さま及び旅行者の皆さまへ

 

 
ハンブルク市バルムベック地区(Hamburg-Barmbek)のフールスビュットラー通(Fuhlsbuettler Str)において、刃物を用いた殺傷事件が発生し、死者1名、負傷者4~5名の被害が出ております。

 
犯人と思われる1名は、州警察が身柄を確保している模様です。

 
被害者の詳細情報は、いまだ州警察から発表されておりません。

 
犯人が犯行に際し「Allahu Akubar(神は偉大なり)」等と叫んでいたとの報道もあり、テロ等の可能性が排除できない状況にあります。

 
このような無差別殺傷事件は、多数の人が集まる場所が狙われる傾向があります。

 
皆さまにあっては、不特定多数が集まる場所に近づくことを避けるなど、ご自身、ご家族の安全確保につとめてください。

 
在ハンブルク日本国総領事館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。