テヘラン市内数か所において発砲事件が発生しております。

イランのテロ・治安詳細情報

 
イランにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ、テヘラン市内数か所において発砲事件が発生しておりますので注意してください。

 

 
1 概要
6月7日12時現在,テヘラン市内の国会議事堂内及びイマーム・ホメイニ廟内で発砲事件が発生しており,現在も襲撃が継続中との報道があります。なお,現在まで邦人の被害は確認されておりません。

 
2 事件状況

ア 報道によると,国会議事堂において警備員10名が負傷,4名が死亡した。襲撃犯4名はカラシニコフ銃およびコルトで武装し,国会の通路に侵入,警備員と戦闘になった。襲撃犯の1名は逮捕されたが,残り3名は国会議員事務所に人質を取って立て籠もり中。襲撃犯が自爆したとの情報もあります。

イ 報道によると,ホメイニ廟で起きた発砲で4名の参詣者が負傷。ホメイニ廟の敷地内で働いている職員1名が死亡した。襲撃犯1名が自爆,1名が治安部隊によって殺害。襲撃犯の女1名が逮捕され,治安隊員が現在,自爆ジャケットの処理を行っている。

 
3 注意喚起
現時点においては,詳細な情報は確認できておりませんが,決して現場に近づかないでください。また,外出は控えるようにお願いいたします。また、親族、知人等、邦人の被害が予想される場合、当館までご連絡願います。

 
在イラン日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。