4月24日、サンパウロ市内ジャルジン・パウリスタ地区アラメダ・カ-ザ・ブランカ通り沿いにあるマンションにて強盗事件の発生

ブラジル-治安 テロ情報.001

 
在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
1 発生日時

4月24日19時30分頃

 
2 発生場所

サンパウロ市内ジャルジン・パウリスタ地区アラメダ・カ-ザ・ブランカ通り沿いにあるマンション

 
3 事件概要

賊3名がマンション見学者を装い不動産案内人を伴ってマンション内に侵入。直後に門衛と不動産案内人等を拘束し,共犯者5名をマンション内に呼び込み,約1時間半かけてマンション内を物色した。少なくとも4つの部屋で,宝石,携帯,電気機器等を強奪される被害が発生した。なお,被害者の中には同マンション内に帰宅したところを襲われ自宅まで連れて行かれた者もいるとのこと。

 
4 防犯対策

(1)戸建て住宅はもちろんマンション居住者であっても玄関扉は常に施錠しておく。

(2)玄関扉にはドアスコープやチェーン錠を付け,解錠せずとも来訪者が確認できる手段を確保しておく。

(3)帰宅した際に少しでも異変を感じたら,一度体をかわし様子を見る。

(4)強盗に遭遇した場合は絶対に抵抗せず,犯人の要求に従う。

(5)被害に遭った時のために、ダミーの財布(犯人に差し出す用の財布)を用意しておく。

(6)貴重品は一箇所にまとめて持つのではなく、極力いろいろな場所に分散しリスク管理をする。

(7)常に警戒心を維持し、時折周囲に視線を向けるなど、警戒心を顕示する。

 
在サンパウロ日本国総領事館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。