9月14日、メキシコ市内セントロ地区ガルバルディ広場における襲撃事件の発生にともなう注意喚起

メキシコのテロ・治安詳細情報.001

 
在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
1 概要

9月14日(日)22時頃、メキシコ市セントロ地区ガルバルディ広場において、メキシコ人犯罪組織のグループが、対抗する他の犯罪組織の麻薬保管場所と見なされていた広場に面した店舗を小銃等で襲撃し、4人死亡、9人負傷する事案が発生しました。負傷者の中には一般市民及び外国人も含まれており、現場はマリアッチ演奏で有名な場所で、襲撃グループはマリアッチの服装をしていました。負傷した9人のうち4人は、襲撃グループが逃走中に発砲した流れ弾により負傷させられ、襲撃グループは現在も逃亡中です。この事件による邦人被害等の情報はありません。

 
2 注意事項

この事件は、週末で人が混み合う時間帯にセントロ地区ガルバルディ広場という繁華街で発生しました。発砲・銃撃事件は各地方においても少なからず発生しており、十分に注意をしていても、事件現場に遭遇したりすることがあります。万が一、発砲事件の現場に偶然居合わせた場合は、以下の行動を取ってください。

・爆発音、銃撃音が聞こえたら直ちに床に伏せる。

・伏せた後、カバン等で頭部を隠して、銃声のする方向に足を向ける。

・爆発音や発砲音のする方向を特定し、それとは逆方向の頑丈な物陰に移動する。

・速やかに現場から離れ、現場には絶対に近寄らない。

・避難する時間がない、または襲撃対象となりうる場合は隠れる。

・狙い撃ちされないためにも叫ばない、目立つ行動をしない。

 
在メキシコ日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます。

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。