9月9日、メキシコ市内メルセー市場における首絞め強盗被害にともなう注意喚起

メキシコのテロ・治安詳細情報.001

 
在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
1 概要

9月9日(日)16時頃、メキシコ市セントロ地区メルセー市場において、旅行中の邦人男性が1人で市場敷地内(市場の建物の外)を歩いていたところ、背後から近づいてきた20~25歳ぐらいの若い男性2人組に首を絞められ気絶させられ、気が付いたら所持していたバッグ(旅券、入出国カード:FMM、現金等在中)が奪われる被害が発生しました。

 
2 過去の類似被害

昨年も本件と同様の手口による被害が、同じメルセー市場付近で2件発生しております。メルセー市場へ行かれる際は、周囲の状況等に十分注意してください。

 
3 注意事項

強盗事件は昼夜を問わず発生しており、十分に注意をしていても、不幸にして強盗等の被害に遭うことがあります。目立たない、用心を怠らない、貴重品を持たない、単独での行動を避ける等の安全対策をとるとともに、万が一強盗被害に遭遇した際は、下記のとおり行動するように心掛けてください。

・生命身体の安全を最優先に行動する。

・深呼吸し、気を落ち着かせ状況を把握する。

・抵抗しない(特に武器を持っている場合は絶対に抵抗しない)。ただし、一方的に暴行を加えられるなど、生命の危険が及ぶ場合は、直ちにその場から脱出する等の対策を取る。

・両手をゆっくりと上げ、抵抗する気がないことを犯人に示す。現金を出す際は、犯人に抵抗すると認識されないように、ゆっくりと取り出す。

・襲われたときに犯人に渡す現金(捨て財布)を別に持っておく 。

・犯人を凝視しない。

・犯人を追わない。

 
在レオン日本国総領事館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます。

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。