8月29日、カンピーナス市セントロ地区にて邦人が被害者となる強盗事件が発生しました

ブラジル-治安 テロ情報.001

 
在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
1 発生日時

8月29日(水)6時15分頃

 
2 発生場所

カンピーナス市セントロ地区 Av. Sen SaraivとAv. Benjamin Constanto交差点

 
3 事件概要

被害者は、車輌にて出社中に上記交差点の信号で停車したところ、拳銃を所持した賊1名が車輌の前方に現れた。賊は被害者に拳銃を向けながら、車から降りるよう要求。被害者が運転席から降りると、車輌に乗り込んで走り去った。

車輌は現場から約15km離れた町(Sumare市)で乗り捨てられているところを発見されたが、車内のバッグに入っていた金品が抜き取られていた。

被害者に人的被害はなし。

 
4 被害品

現金、音楽プレイヤー、ハードディスクドライブ

 
5 防犯対策

(1)常に警戒心を維持し、時折周囲に視線を向けるなど、警戒心を顕示する。

(2)万が一、強盗に遭遇した場合は絶対に抵抗せず、犯人の要求に従う。

(3)逃走・抵抗またはそれと誤解される素早い動きはしない。

(4)犯人の顔は見ない。

 
在サンパウロ日本国総領事館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。