6月17日、サンホセ市内で強盗による邦人被害が発生しました。所持していた金品を強奪されたほか、額に5針縫う怪我を負いましたので,ご注意ください。

 
コスタリカにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
日  時:6月17日(日)午後8時30分頃

場  所:サンホセ市バリオエスカランテ地区

被  害:リュック(現金,キャッシュカード,身分証明書,携帯電話等在中)

被害状況:一人で徒歩移動中,レストラン街から路地に入り,少し暗がりにさしかかったところで,後方から乗用車が近付いてきて横に停車した。中から男性3人が降りてきて拳銃を突きつけ,金品を要求してきた。犯人には抵抗せず,所持していたリュック(中身は,現金,キャッシュカード,身分証,携帯電話)を強奪され,去り際に拳銃で額を殴られ5針縫う怪我を負った。

日没後の徒歩での移動は極力避け,タクシー等を利用するよう心掛けてください。ここ数年,一般犯罪件数は増加傾向にあります。犯罪被害に巻き込まれないよう十分注意してください。万が一,強盗に襲われた場合は,無抵抗に徹し,身の安全を確保することを最優先に行動してください。

 
在コスタリカ日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。