6月7日、極北州でボコ・ハラムによる攻撃が発生し村民6名が死亡

カメルーンのテロ・治安詳細情報.001

 
在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
7日夜から8日未明にかけて,極北州マンガブ・フォヤ・ジャリンゴ(Mangave Foya Djalingo)の村においてボコ・ハラムの攻撃があり,村民6名が殺害されました。

極北州は,危険情報でレベル4「退避勧告」が発出されている地域であり,ボコハラムによる犯罪,テロ行為及び誘拐の被害に遭う可能性が否定できない地域ですので渡航しないでください。

 
在カメルーン日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。