4月6日(金)午後,マナウス市ノッサ・セニョーラ・ダス・グラッサス地区の診療所にて強盗事件が発生しました。

ブラジル-治安 テロ情報.001

 
在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
1 発生日時

4月6日(金)午後8時50分頃

 
2 事件発生場所

マナウス市ノッサ・セニョーラ・ダス・グラッサス地区リオ・プルス通りに所在する診療所(精神科)

 
3 事件概要

武装した3人組の強盗犯は院内へ押し入り,従業員を含む複数の患者から現金,貴金属,携帯電話等を強奪,さらに利用客の車両1台を奪い逃走しました。

その後犯人組は,通報によって駆け付けた軍警察とのカーチェイスの末に交通事故を引き起こし,犯人組の1名は逮捕され,2名は逃走した模様です。

 
4 総領事館からのお願い

万が一,被害に遭遇した場合は,

(1)慌てず冷静に対処する(急な動作で相手を刺激しない)。

(2)絶対に抵抗をしない(相手を刺激せずできるだけ要求に応じる)。

(3)相手の顔を直視しない(抵抗の意味で顔を覚えたと捉えられる)。

(4)反撃すると誤解されないように,相手に無断でポケットや鞄などに手をいれない(両手を挙げた体制からポケットに指を指す工夫など)。

 
在マナウス日本国総領事館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。