ジャカルタ市内・モナスからPulo Gadungへ向かう白昼のトランス・ジャカルタ車内において、刃物を所持した犯人に邦人が脅迫され、財布を奪取される強盗被害が発生しました。

インドネシアのテロ・治安詳細情報.001

 
最新の関連情報を入手して十分注意してください。

 

 
今般、モナスからPulo Gadungへ向かう白昼のトランス・ジャカルタの車内において、刃物を所持した犯人に邦人が脅迫され、財布(現金・クレジットカード等)を奪取される事案が発生しました。

これは、混雑した車内に邦人が立って乗車していたところ、犯行グループ(複数人)が邦人を取り囲み、背後から刃物をかざして途中の駅で降車するよう指示し、降車したところで財布を脅し取るというものです。

つきましては、これまで大使館より累次にわたり強盗被害に関する注意喚起を行っているとおり、ジャカルタ市内の移動はなるべく自家用車、社用車等信頼できる車両を使用するようにし、やむを得ず徒歩での移動やトランス・ジャカルタ等公共交通機関を利用する際には、改めて以下の点に特に留意の上、周囲に警戒を怠らないようにしてください。

また、強盗に遭遇した際には、抵抗せずに身の安全を第一に考えて行動してください。

1 外出する際、できるだけ貴重品は持ち歩かないようにする。持ち歩く際にも、腰回りのポケットには貴重品を入れず、鞄に入れる等の対策を行う。

2 歩道では鞄を車道の反対側に持ち、たすき掛けにするなどして鞄を体の前方に保持する。

3 移動中には鞄や携帯電話など所持品に常に注意を払う。歩きスマホは注意力が散漫になるため、安全な屋内に移動して通話するよう心がける。

 
在インドネシア日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます。

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。