2月21日午後,フランクフルト市ガルス(Gallus)地区において,第二次世界大戦中に投下された爆弾が発見されました。

ドイツ-治安 テロ情報

 
不発弾の処理のため,2月22日夜,ガルス地区(詳細後述)において緊急避難を含む立ち入り規制が敷かれる予定です。

 

 
1.フランクフルト市消防本部等によりますと,2月22日午後3時ころ,フランクフルト市ケルナー通り(Koelnerstrasse)82番地において,第二次世界大戦中に使用された爆弾(重量50ポンド)が発見されました。なお,爆発の危険はないとのことです。
当該不発弾の処理のため,本日2月22日(木)午後7時以降,発見現場から半径500メートル圏内において立ち入り規制が敷かれる予定です(場所の詳細についてはこちら:http://www.fr.de/frankfurt/stadtteile/frankfurt-west/frankfurt-fliegerbombe-im-gallus-evakuierung-am-donnerstag-a-1453387 )。
立ち入り規制実施中は,避難所が用意される予定です。決定次第,フランクフルト市消防本部のホームページ(http://www.feuerwehr-frankfurt.de/#F1 )上で発表されますのでご確認ください。

 
2.高齢者,あるいは障害等により自主避難が困難な方については,予めフランクフルト市消防本部特別ホットライン(電話:069-212-111)に電話し,ご自身の住所をお伝え下さい。レスキュー班による避難サポートが行われます。また,本件立ち入り規制全般に関するお問い合わせについても,こちらで受け付けております。

 
3.爆弾処理の流れについては,以下のとおりです(但し,以下に挙げた時間はあくまで目安です)。
(1)午後7時ころ 該当エリア内への立ち入り規制及び,該当エリア内に残っている者に対する強制避難措置
(2)午後23時ころ 爆発物処理隊による処理開始
(3)立ち入り規制解除のタイミングについては未定。

 
4.当該立ち入り規制に伴い,規制区域内のガルスヴァルテ駅(Galluswarte)が封鎖されるとともに,Sバーン(S3,S4,S5,S6),地域間鉄道(RBおよびRE)の一部,トラム(11番および21番)およびバス(52番)が規制されます(規制開始時間等の詳細についてはこちら:http://www.rmv.de/c/de/informationen-zum-rmv/der-rmv/rmv-aktuell/bombenentschaerfung-2202/ )。

 
5.立ち入り規制後,警察官が該当エリア内をパトロールしつつ,残っている者がいないかを確認するとのことですが,避難の際は,万が一に備えて戸締まりや火の元の確認に併せて,貴重品類の管理を確実に行うようにしてください。

 
在フランクフルト日本国総領事館領事部

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。