8月25日、邦人が被害者となる窃盗(空き巣)事件が発生しました。

ブラジル-治安 テロ情報.001

 
以下の通り、邦人が被害者となる窃盗(空き巣)事件が発生しましたのでご注意下さい。

 

 
1 発生日時

8月25日(金)6時00分頃

 
2 発生場所

Rua S.Fransisco do Sul, Guarulhos, SP

 
3 被害品

テレビ、パソコン、身分証明書、キャッシュカード類等

 
4 事件概要

被害者が午前4時頃出勤のため家を空けた後、午前6時頃賊が被害者宅の玄関の鍵を破壊して侵入。家の中にあった、電化製品等を盗んで逃走した。

 
5 防犯対策

(1)住居選定の際は門衛、警備員等が配置され、出入りする人物、車両の確認が行われていることを確認する。

(2)設備面においては、忍び返し、電気柵、赤外線センサー、防犯カメラ等が整備されていることを確認する。

(3)ドアにはドアスコープが取り付けられており、二重施錠可能なものが望ましい。

(4)万が一、帰宅時にドア、窓の破壊等不審な点が見られたら、一人で入室せず、門衛、警察等に通報の上、警察官等とともに入室する。

(5)室内で賊と遭遇した場合は、絶対に抵抗しない。

 
在ブラジル日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。