近隣国で狂犬病の感染による死者の報告が出ていますので野生動物にご注意下さい。

 
近隣国で狂犬病の感染による死者の報告が出ています。狂犬病感染報告がある地域では当然ですが、当地でも狂犬病感染のリスクを避けるため、野生動物への接触を控えるようにして下さい。

 

 
近隣国での狂犬病の感染報告を受けて、当地保健省は、野生動物への接触を避けるよう警告しています。

 
狂犬病は、狂犬病ウィルスに感染した動物(犬、猫、サル、コウモリ等)の唾液が、噛み傷や引っかき傷から体内へ入り、感染する病気のため、同省は、狂犬病の予防策として、野生動物を触ったり、餌付けをしたりしないよう呼び掛けています。

 
万が一、動物にかまれた場合は、すぐに医療機関を受診すること。また狂犬病感染報告がある地域へ渡航予定の場合にも、医療機関を受診し、医師の助言をもらう事を推奨しています。

 
同省の発表では、過去1年間で犬にかまれたことによるの医療機関への受診報告が25件あるものの、現時点で人への狂犬病感染報告はないとのことです。

 
在ブルネイ日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。