ウガンダ保健省からのエボラ出血熱疑い例の否定に関するプレスリリースについて

ウガンダのテロ・治安詳細情報.001

 
ウガンダにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
6月6日付領事メールで,ウガンダ北部アジュマニ県のエボラ出血熱の疑い患者について、検査結果が陰性であったことをお伝えしました。7日には新聞でも報道されております。保健省からもプレスリリースが公表されましたのでお知らせ致します。

 
プレスリリースでは、エボラ疑い例の否定だけでなく、コンゴ民主共和国(以下DRC)でのアウトブレイクに対する予防策についても説明されていました。概略は次のとおりです。

 
「ウガンダ国内でのエボラ出血熱患者の発生はありません。グル市の疑い患者については、全ての種類のエボラ出血熱、加えてマールブルグ病,クリミア・コンゴ出血熱,リフトバレー熱などのウイルス性出血熱が全て陰性でした。

ウガンダ保健省は、DRCでのエボラ出血熱発生に対して、

(1)エンテベ国際空港でDRCからの到着客(21日以内にDRCに渡航した全ての乗客を含む)に対する検疫の強化、

(2)カンパラ市、ワキソ県、それにDRC国境に近い12の県に対して、エボラ出血熱タスクフォースの再開、サーベイランス体制と検疫強化、

(3)ブンディブギョ県とエンテベ国際空港には隔離施設の設置などを行っています。旅行者に対しては、イミグレ、検疫、セキュリティの担当官への協力を要請します。」

 
当館では,引き続き同様のケースがありました場合には,情報提供に努めて参ります。

 
在ウガンダ日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます。

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。