リトアニアへの旅行・観光時に病気になった場合の医療機関情報

 
リトアニアへの旅行をお考え、あるいは観光中の皆様へ

本記事では日本国外務省にて紹介されている医療機関情報をご紹介致します。

 

 


プライベートクリニック

ほとんどのプライベートクリニックは,時間外での外来は受けつけておりません。

 

(1)Medicinos Diagnostikos ir gydymo Centras (Medical Diagnostic and Treatment Centre)

所在地:V. Grybo g. 32A Vilnius

電話:(85)-233-3000
Mob:+370-698-00000
ホームページ:http://www.medcentras.lt
外来受付:月~金曜日7時~20時,土曜日8時~15時

概要:総合クリニック。施設は近代的で清潔,医療機器も整っており,CTスキャンやMRIもあります。英語での受診が可能で,英語を話さない医師には,英語の通訳を頼むことも出来ます。

 

(2)Kardiolita(旧Heart Surgery Centre心臓外科センター)

所在地:Laisves pr. 64a, Vilnius

電話:(85)-239-0500
Mob:+370-686-49828
FAX:(85)-239-0502
ホームページ:http://www.kardiolita.lt
外来受付:月~木曜日7時30分~20時,金曜日7時30分~19時,土曜日9時~14時

概要:総合クリニック(心臓外科,循環器内科,整形外科,婦人科,小児科,内視鏡,形成外科)。以前は心臓外科センターという名前の通り,心臓血管外科やカテーテル治療の専門病院でしたが,現在では上記の科にも対応しています。施設は近代的で清潔,医療機器も整っており,英語での受診が可能です。

 

(3)Northway Medicinos Centras(Northway Medical Centre ノースウェイ・メディカルセンター)

所在地:S. Zukausko g. 19, Vilnius

電話:(85)-264-4466
ホームページ:http://www.nmc.lt
外来受付:月~金曜日7時30分~20時30分,土曜日10時~17時

概要:総合クリニック(消化器科,循環器科,小児科,耳鼻咽喉科,眼科,産婦人科,美容整形)。施設は近代的で清潔,レントゲンはありますが,CTスキャンやMRIはありません。臨床検査室が大変充実しています。英語での受診が可能です。

 


公立病院

(1)Vilnius University Hospital “Santariskiu Klinikos”(ビリニュス大学付属サンタリシュキュ病院)

所在地:Santariskiu str. 2, Vilnius

電話:(85)-236-5000
FAX:(85)-236-5111

概要:多数の専門科より成り,主にビリニュスおよびリトアニア東部の第三次医療を扱っています。リトアニア国内で唯一コンピューター化された情報網を持ち,診療・治療に際して外部の専門家とも共同で仕事が行えるテレメディシンも鋭意導入中です。同病院では循環器科がリトアニア国内で最も充実しており,世界的知名度を持つ心臓血管学センターがあります。設備の整った集中治療部を持ち,不整脈診断・治療の専門部,核医学診断機器なども導入された最新の循環器診断・治療設備を有します。

 

(2)Respublikine Vilniaus universitetine ligonine(ビリニュス大学付属救急病院)

所在地:Siltnamiu str. 29, Vilnius

電話:(85)-216-9069
FAX:(85)-216-8984

概要:ビリニュス大学の救急医療を担う病院で,同国内の外科系の主要病院の一つであり,ビリニュス市周辺の救急医療の中心です。担当する分野は広く,同市一帯で唯一の神経外科が1998年に設立された他,外傷学科,腹部外科,泌尿器科,産婦人科,眼科,耳鼻咽喉科などがあります。毒物学的診断・治療もここで行われています。

 


 
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/europe/lithuani.html)

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。