アルメニア旅行・観光時の留意事項

アルメニアへの旅行を検討中の皆様へ

本記事では日本国外務省の配信情報をもとに、アルメニアへの旅行・観光時の留意事項をご紹介致します。

 

 
1.アルメニアは地震の多い国です。現地滞在中は,現地の報道や地震情報にご注意ください。

 
2.道路事情が悪く,また現地のドライバーは交通法規を守らないことが多いため,横断歩道を歩行中や運転の際には注意が必要です。特に夜間の運転は危険です。また,交通警察がチェック・ポイントにて車を一時停止させ,賄賂を求める事例もあるといわれています。

 
3.公共交通機関もありますが,整備が十分でなく,あまり快適とはいえない状態にあります。流しのタクシーには法外な料金を請求されることがありますので,信頼できる会社のタクシーを使うことをおすすめします。

 
4.(1)アルメニアに3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在アルメニア日本国大使館に「在留届」を提出してください。また,住所その他の届出事項に変更が生じたとき又はアルメニアを去る(一時的な旅行を除く)ときは,必ずその旨を届け出てください。
なお,在留届は,在留届電子届出システム(ORRネット, http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )による登録をお勧めします。また,郵送やファックスによっても行うことができますので,在アルメニア日本国大使館まで送付してください。

 
出典:外務省 海外安全ホームページ(http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=199)

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。