5月11日、バロチスタン州グワダルのパールコンチネンタルホテルにおいて、テロ攻撃が発生しました。

 
在留邦人の皆様へ

 

 
1 報道によりますと、5月11日(土)午後5時頃、バロチスタン州グワダルのパールコンチネンタルホテルにおいて、テロリストによる攻撃が発生しました。

 
2 これまでのところ、邦人を含めた外国人被害は確認されていないとのことですが、ホテルの警備員1名が死亡した模様です。(現地時間11日午後9時現在)

 
3 この件に関して、パキスタン解放軍(BLA)が「滞在する中国人や海外投資家を狙った」とする犯行声明を出した模様です。パキスタン解放軍(BLA)は昨年、在カラチ中国総領事館に対してテロ攻撃を実施したグループです。

 
4 在留邦人の皆様におかれましては、以下の注意事項を参考に、ご自身及びご家族の安全に十分配慮した行動を心掛けていただきますようお願いします。また、グワダル以外の地域についても、不特定多数が集まる場所は、事件に巻き込まれるリスクが高まることから、そのような場所への不要不急の立入りについては出来るだけ控えていただき、やむを得ず立ち入る必要がある場合には、以下の内容を参考に、滞在時間を極力最小限とし、不審な点を感じた場合には直ちにその場から離れるようお願いします。

(1)当地の各種報道等より最新の安全情報を入手するようにし、安全な行動を心掛ける。

(2)攻撃の標的となりやすい場所(政府機関、軍・警察等治安当局施設(含む車両)、検問所、宗教関連施設、宗教行事開催場所、報道機関等)には出来るだけ近づかないようにし、その他の場所(有名ホテルやファースト・フード店を含む欧米関連施設、レストランやマーケット等)での用事についても、短時間で効率的に行なうように心掛け、常に周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知した場合には、速やかにその場から離れるようにする。

(3)抗議活動や集会が行われている場所には、決して近づかない。

(4)移動途中等に集会等に遭遇した場合には、速やかにその場から離れる。

(5)喧嘩やトラブルとなっている場所から速やかに離脱する。

 
在カラチ日本国総領事館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。