3月22日(金)夕方、アビジャン市プラトー地区の邦人宅アパートにて、窃盗(空き巣)事件が発生しました。

 
在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
犯人は、家人の不在中に室内に侵入し、現金、携帯電話等を窃取しておりますが、被害者宅の玄関は、ドア枠が建物に強固に設置されておらず、犯人が強く押すことでドア枠が丸ごと外れる形になり、施錠されたドアごと大きく押し開けられておりました。

警察の説明では、プラトーを始め、アビジャン市内各地で、同様の手口を用いた女性3人組の犯行が連続発生しているため、犯人を鋭意捜査しているとのことです。

同人等の犯行手口としては、警備員の隙を見て建物に侵入し、家人不在の住居や会社事務所を見つけるために、廊下や玄関ドア越しに室内の物音を確認したり、インターホンを鳴らします。

インターホンの応答があれば、部屋を間違えたと誤魔化し、応答がなければ見張りを立てて犯行に及んでいます。

つきましては、今一度、皆様の住居、事務所において、玄関ドア等の出入り口の構造を確認して頂き、防犯設備の強化に努めて頂くとともに、室内に多額の現金を保管することを避けて頂き、防犯について細心の注意を払うようお願いします。

 
在コートジボワール日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。