サバ州東海岸沿岸で、アブサヤフ・グループによる誘拐事件発生のおそれがあります。十分お気を付けください。

 
マレーシアにお住まいの皆様へ

 

 
● 国際海事局海賊情報センター(The IMB Piracy Reporting Centre)によれば、3月8日、アブサヤフ・グループの武装メンバーが2隻のボートにそれぞれ乗船してフィリピン(スールー)を出発、サバ州東海岸センポルナ方面に向かったとの情報が確認されたようです。

 
● 彼らはセンポルナ沿岸、あるいはその沖合水域において誘拐を実行する模様です。

 
● 船舶で、サバ州東海岸沖及び同周辺海域を通過する際は、特に警戒を強めるよう呼びかけられています。なお、当該海域は、「危険情報レベル3:渡航はやめて下さい(渡航中止勧告)」が発せられています。

 
● 上記海域を航行中、あるいは航行予定の皆様にあっては、周辺の警戒を怠らないようにしてください。また、その他の皆様も、当該海域では誘拐リスクがあることを認識し、現地には赴かないようにしてください。

 
在マレーシア日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。