2月10日、コトヌ市内における強盗殺人事件に関するお知らせ

 
ベナンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
2月10日(土)午前2時頃,コトヌ市「Haie-Vive」地区内のレバノン人宅に覆面姿の強盗が複数名押し入り,屋内で就寝中であったレバノン人夫婦のうち,主人(レバノン人)を鈍器で殴打し殺害,夫人(トーゴ人)を緊縛した後,ネックレス等の貴金属を強奪し逃走するという事件が発生しました。

また,犯人グループは侵入時に謝金警備員もナイフで刺殺しております。

治安関係者によると,犯人グループは未だ検挙されていません。

現在捜査中でありますが,殺人の他,貴金属も強奪していることから,物取りによる犯行の可能性もございます。

犯人グループが更なる犯行を重ねるおそれもありますので,これまで以上にドア及び窓ガラスの戸締まりを徹底していただくようお願いいたします。

 
在ベナン日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。