11月11日、ナイロビ市内キリマニ地区のヤヤ・センターを含むショッピング・モール等への攻撃に関する治安情報があります。

ケニアのテロ・治安詳細情報.001

 
ショッピング・モール等,ナイロビ市内の人が集まる場所,並びに各国大使館を含め,欧米関係施設等には当面近づかないで下さい。

 

 
1 11月11日現在,ナイロビ市内キリマニ地区のヤヤ・センターを含むショッピング・モール等への攻撃に関する治安情報があります。

 
2 つきましては,同モール等,ナイロビ市内の人が集まる場所,並びに各国大使館を含め,欧米関係施設,国際機関,宗教施設等には当面近づかないようにするとともに, 不測の事態に巻き込まれないよう以下の対応に努めてください。

(1)外務省及び大使館が発出する情報を含め,最新の関連情報の入手に努める。

(2)以下の場所がテロの標的となりやすいことを十分認識する。

(ア)ショッピング・モール,観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館,公共交通機関等人が多く集まる施設

(イ)政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)

(ウ)教会・モスク等宗教関係施設等

(3)上記(2)の場所を訪れる際には,人混みで身動きできなくなることを避け,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。

 
【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】

●頑丈なものの陰に隠れる。

●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,注意が必要。
【車両突入の場合】

●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増す。

 
3 また,ケニアにおいては,10月20日付スポット情報,「大統領選挙再実施に伴う注意喚起(その4)」が発出されている他,北東部及び沿岸部においてイスラム過激派によるテロ事案が多数発生しています。当地治安機関からも選挙の混乱に乗じたテロに対する注意喚起が発出されています。

(なお,ソマリアとの国境地帯,北東地域ダダーブ難民キャンプ周辺地域及び北東地域ガリッサ郡ガリッサには「レベル4:退避してください。渡航は止めてください(退避勧告)」,リフトバレー地域トゥルカナ郡の南スーダン,ウガンダとの国境地域及び南部一帯,ウェスト・ポコット郡,バリンゴ郡北部一帯,北東地域マンデラ郡,ワジル郡,ガリッサ郡の一部及び沿岸地域ラム郡の一部には「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が継続されていますので御留意願います。)

 
在ケニア日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。