コスタリカ全域での大雨被害およびマラリア感染に関する注意喚起

 
コスタリカにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
1 24日(日)14時00分、国家緊急対策委員会(CNE)は、熱帯収束帯(英語略称:ITCZ、西語略称:ZCI)の通過による集中豪雨について黄色警報(政府が発出する自然災害警報のうち、上から2番目に警戒が必要な状況)を発出し、注意喚起しています。

 
警報の対象地域は、太平洋沿岸部(Pacifico Central、Sur y Norte)、ウエタル北部及び中央部(Valle Central)です。26日(火)、ラ・ナシオン紙によると全国の44の都市で大雨の影響による被害を受け、サンホセ県(サンホセ市・アセリ市・パタラ市)、アラフエラ県(ポアス市・グレーシア市)、グアナカステ県(ナンダジュレ市2ヶ所)、カルタゴ県(カルタゴ市・ラウニオン市)の9つの都市に避難所を設置し、188人が被災した旨報道しています。各地で地滑りや土砂崩れ、通行止めになるなど大きな被害が発生しております。今後も大雨による被害が予想されるため、今後の動向に注意して最新の情報入手に努めて下さい。

 
2 20日(水)、厚生省のプレスリリースによると、2012年~2016年の間、感染がみられなかったマラリア感染者が、2017年9件の感染報告を受けていると発表しています。標高500m以下の地域に行く際には、虫除けスプレーを使用するなど感染予防に努めて下さい。

 
在コスタリカ日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます。

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。