6月29日(木)から7月1日(土)まで習近平国家主席が香港に滞在する予定です。

 
香港・マカオにお住まいの皆様へ

 

 
1 報道によれば、習近平国家主席が、来月1日の香港返還20周年式典に出席するため、6月29日(木)午後から7月1日(土)まで香港に滞在し、湾仔地区や石崗所在の中国人民解放軍の香港駐留部隊等を視察する予定とのことです。

 
2 習主席が香港を訪れるのは、2013年の国家主席就任後初めてで、香港警察は、厳戒態勢の上、湾仔地区を始めとする香港各地で大規模な交通規制を行う予定とのことです。また、これに伴い、習主席の滞在先等にて、民主派や独立派等による抗議活動が行われる可能性も否定できません。

 
3 つきましては,香港への渡航・滞在を予定している方及び既に滞在中の方は,最新の報道等の入手に努め、自身の安全確保に十分に留意しながら、旅行計画を立ててください。また、不測の事態に巻き込まれないよう,デモや集会の会場等には絶対に近づかないよう注意し、デモ隊や群衆に遭遇した場合には,直ちにその場から離れ,安全な場所へ退避するよう努めてください。

 
在香港日本国総領事館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。