『夏季ダボス会議』の開催に関するご注意

 
在大連領事事務所からのお知らせ

 

 
1.本年6月27日から29日まで世界経済フォーラム主催の夏季ダボス会議が大連で開催されます。本会議開催期間中及びその前後には、関係各国より多くの方が大連に訪れる予定です。

 
2.大連市政府の関係当局によりますと、会議場(大連国際会議中心:万達ヒルトンホテル隣)周辺、主要ホテル(万達ヒルトン、シャングリラ、フラマ、ニューワールド等)周辺及び会議場と主要ホテルを通じる道路(中山路、人民路など)周辺を中心に各種の交通規制・入域規制が行われるとのことです。

 
3.これに伴い、交通渋滞等が予想されるほか、警察官等に身分証明書の提示を求められる場合がありますので、会議場近辺に行く必要がある方や主要ホテルにお住まいの在留邦人の皆様におかれましては、外出の際は、最新の情報を入手するとともに、身分を証明するもの(パスポートのコピーや居留証等)を携行することをお勧めします。

 
4.夏季ダボス会議期間中における市内主要地区(中山、西崗、沙河口、甘井子、高新区)の交通規制について、大連市政府より以下のとおり発表(現地紙に掲載)がありましたので、お知らせ致します。
(以下一部省略)

(1)6月26日から6月30日、毎日6時30分から24時00分の間、市内で通行できる車両は、ナンバープレートの下一桁が奇数(1.3.5.7.9)の場合は奇数日、偶数(2.4.6.8.0)は偶数日とする。

(2)以下の車両は上記に定められた規定の制限を受けずに市街地道路を通行できる。
・ダボス会議準備委員会が発行する有効な通行証を有する車両。
・警察車輌、消防車、救急車、工事救難車、応急指揮車、新エネルギー純電動車、環境衛生ゴミ・都市建設・汚染物・造園・道路整備の専用車輌、気候監測車、郵政車、救援及びレッカー車、現金輸送車、スクールバス、任務中の行政執行車、任務中の解放軍・武装警察機動車、葬儀場の霊柩車。
・都市の生産と生活を保障するための必需品を運送し、公安機関交通管理部門により発行された今般の制限期間専用の通行証を有する車輌。
・公共バス、長距離バス、タクシー(賃貸自動車を含まない)、ラッシュアワーの時間帯(6時30分から9時00分、17時00分から19時00分の間)の通勤用バス(9席以上、9席を含まない。空車は通行禁止)。

 
在瀋陽日本国総領事館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。