COPECO(緊急事態対処常設委員会)が発令した大雨に関する警報に関して

 
大雨により、COPECO(緊急事態対処常設委員会)は、当国西部から南部にかけての8県に黄色警報、当国北部から中央部の6県に緑色警報を発令しています。最新情報の入手に努めてください。

 

 
COPECO(緊急事態対処常設委員会)が発令した大雨に関する警報の概要は以下のとおりです。在留邦人及び旅行者の皆様は、テレビやインターネット等を通じて、最新の気象情報の入手に努められると同時に、警報等に従って、安全確保に十分注意を払ってください。

 
1 大雨に関する警報概要
(1)発令時間等
10日(土)午後6時から72時間

(2)黄色警報発令地域
サンタ・バルバラ県、コパン県、オコテペケ県、レンピーラ県、インティブカ県、ラ・パス県、バジェ県及びチョルテカ県(8県)

(3)緑色警報発令地域
コルテス県、ジョロ県、コマヤグア県、フランシスコ・モラサン県、エル・パライソ県及びオランチョ県(6県)

 
2 警報の種類について
  警報には、最も警戒を要するものから順に、赤色、黄色、緑色があります。

 
3 参考ウェブサイト
(1)COPECOツイッターページ
https://twitter.com/COPECO_HONDURAS?ref_src=twsrc%5Etfw

(2)COPECOホームページ
http://copeco.gob.hn/

 
在ホンジュラス日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。