テロ情勢に特段の注意が必要 カザフスタン日本国大使館情報

カザフスタンのテロ・治安詳細情報.001

当地では,5月6日から9日まで「祖国防衛者の日」および「戦勝記念日」の祝日に伴い4連休となり,各地で記念行事が開催されるほか,観光地を中心に多くの人出が見込まれます。その一方,カザフスタンでは昨年後半から,治安機関による対テロ特別作戦がたびたび行われる等,テロ情勢の改善に向けた取り組みが進められており,当地のテロ情勢には,特段の注意が必要です。


在留邦人及び旅行者の皆様には,以下の安全上の留意点を再確認して頂き,事件・事故に巻き込まれないよう,ご注意願います。

1.連休中の交通規制
○ 報道によると,アスタナ市内では5月2日から7日までの間,軍事パレード及びその予行を行うため,大規模場な交通規制を実施するとのことです。
○ 「カザク・エリ」広場(ピラミッド前)では,5月5日12時から14時30分までの間および5月7日6時から15時までの間,交通規制が実施されます。このほか,周辺道路についても,交通規制が実施される可能性があります。

2.安全上の留意点
○ 外務省が発出する海外安全情報及び現地報道等により,最新の治安情勢等の関連情報の入手に努めるとともに,日頃から危機管理意識を持つようにする。
○ テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知した場合は,速やかにその場所を離れる。
○ 実際にテロや爆発事件に遭遇した場合には,被害を最小限に抑えるため,次の点を心がける。
<予防措置>
・ 事前に避難経路を確認する。
・ 隠れる場所を確認しておく。
・ 常に周囲の状況に注意を払い,不審者や不審物を見かけた場合には,速やかにその場所を離れる。
<対処法>
・ 爆発音・銃撃音を聞いた場合は,伏せるなど直ちに低い姿勢をとる。あるいは,頑丈な物の陰に隠れる。
・ 周囲を確認し可能であれば,低い姿勢を保ちつつ,速やかに安全な場所に退避する。

出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

英会話個人レッスン家庭教師個人契約

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。