マナウス市郊外にある4つの刑務所内にて40名が死亡する事件が発生

ブラジル-治安 テロ情報.001

 
在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
1 発生日時

5月27日(月)午後

 

2 事件発生場所
マナウス市郊外に所在する
(1)アニージオ・ジョビン刑務所内、
(2)アントニオ・トリンダージ刑務所、
(3)プラケクアラ刑務所、
(4)男性一時拘置所(CDPM)

 
3 事件概要(報道によると以下のとおり)

マナウス市郊外にある4つの刑務所内にて、拘留者が構内で争い,40人が死亡する事件が発生。この事件による看守、訪問家族、刑務所の職員の被害は無く、脱走者も出ていない。

アマゾナス州公安局長(前日は刑務管理局長)の公式会見によると、本件は暴動(反乱)ではなく、麻薬密売組織間での覇権争いによる衝突とみていると発表。

リマ州知事はモーロ法務・公安大臣にこれら州刑務所への連邦刑務所対策本部タスクフォースの派遣を依頼し、承認を取得。更に、州刑務所管理局は州治安当局とともに全刑務所に対策本部を設置。

州刑務所管理局は日曜以降の一連の殺害(計55人)の首謀者の特定を進めており、結果は司法当局に送られる。法務・公安省は今回の惨殺の経緯から首謀者を連邦刑務所に移送し、その管轄下に置くことも検討している。

 
4 総領事館からのお願い

(1)刑務所周辺には近寄らない。

(2)もし車両で周辺道路を通行する必要がある場合は警戒する。

(3)SNSでは様々な情報(犯行予告、脱走情報)が氾濫しているが、それを鵜呑みにすることなく、新聞やテレビニュース等の信憑性のある情報を収集するようにする。

 
在マナウス日本国総領事館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。