1月16日、ケニア東部地域のマルサビット郡において、邦人女性に対する強盗未遂事件が発生しました。

ケニアのテロ・治安詳細情報.001

 
在留邦人及び旅行者の皆様へ

 

 
◇日時:1月16日午後9時45分頃

◇場所:マルサビット郡マルサビット市内の路上

◇状況:上記日時場所において、邦人女性が滞在先に徒歩で帰宅していたところ、見知らぬ男性2名が接触しそうな位置まで近寄ってきたため、大声を出して逃走したもの(実害なし)。なお、同邦人女性によれば同男性2名が異常に高揚した状態であったことから、薬物の影響を受けていた可能性がある。

在留邦人及び旅行者の皆様におかれましては、以下の諸点に配意願います。

●昼夜問わず、徒歩移動は避け車両での移動を心がけてください。特に夜間及び早朝は犯罪の発生率が高くなります。

●強盗や泥棒とはち合わせしても、決して逆らったり戦ったりしないで下さい。

●外出する際は、必要最小限の手荷物にとどめるなど、被害に遭っても最小限の被害となるように工夫をお願いします。
 なお、ケニア東部地域マルサビット郡の危険レベルは「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」となっておりますのでご注意ください。

 
在ケニア日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。