AFP通信は,12月17日朝,オート・アトラス山脈(モロッコ中部)の山岳地帯において北欧からの女性観光客2名の遺体が発見された殺害事件に,ISILが関与している旨報じています。

モロッコ-治安 テロ情報.001

 
在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
1 12月17日,オート・アトラス山脈のイムリル村(Imlil)から10キロ離れた山岳地帯でデンマーク人女性1名(24歳)及びノルウェー人女性1名(28歳)がナイフによる首への傷痕がある状態で遺体となって発見されました。

 
2 12月18日朝,マラケシュで容疑者1名が逮捕されました。

 
3 12月19日,捜査関係者は,女性らのうち1名が斬首されていたことを明らかにした上で,逮捕された容疑者及び指名手配中の3名の人物像から,イスラム過激派の可能性を排除できないと語りました。また,国家安全総局(DGSN)の報道官は,逃亡中の3名の身元が特定され,全治安当局による捜索が行われていると明らかにしました。

 
4 12月20日,モロッコ警察は指名手配中の3名が逮捕されたと発表し,これによりマラケシュで合計4名が逮捕されました。中央司法捜査局(BCIJ)は声明で,証拠及び捜査データに基づきテロの動機の解明を進めていることを明らかにしました。

 
5 12月20日夜,ラバト検察は声明を発表し,ソーシャルネットワーク上で公開された,マラケシュで逮捕された4名の容疑者がバグダディに忠誠を誓う動画は本物であることを明らかにしました。

 
在モロッコ日本大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます。

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。