12月8日(土)午後10時頃、ジンジャ県イガンガロード沿いにて、在留邦人が被害者となる強盗被害が発生致しました。

ウガンダのテロ・治安詳細情報.001

 
邦人が被害者となる強盗被害が発生致しました。

 

 
車両を降りて宿泊ホテルまでの歩道(約30メートル)を歩いていたところ、3名の者に暴行を加えられ,貴重品を盗まれた。

被害内容:携帯電話

今後、同様の被害に遭わないよう下記対策を心がけるようお願い致します。

・深夜・早朝は徒歩での外出を控える。

・貴重品やパスポートなどは着衣内に納める

・人混みや接近してくる人には注意を払う

・現金や携行品は最小限にし、分散して携帯する

また、万が一事件に遭われた際も、決して抵抗しないようお願い致します(人命を最優先して下さい)。

おわりに

今回の注意喚起につきましては、被害に遭われた方から情報を提供していただいた事により、情報を広く周知することができました。心より感謝申し上げます。

また、大使館としましても、引き続き治安関係情報の収集に努めるとともに、皆様の安全に関する情報に関しまして広く共有していきたいと考えております。

つきましては、被害の有無にかかわらず、邦人の安全に関わる情報がありましたら、大使館までお寄せいただきますようお願い申し上げます。

 
在ウガンダ日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます。

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。