5月24日、ブエノスアイレス市レティーロ地区にて邦人が被害者となる車上強盗事件が発生しました。

 
在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
1 日 時

5月24日(木)午後9時30分頃

 
2 場 所

ブエノスアイレス市レティーロ地区 リベルタドール通り689付近
(リベルタドール通りとリベルタ通り交差点付近)

 
3 概 要

当地在住の邦人男性が、私有車で帰宅中に上記交差点付近で停止していた際に、男性1名が車のフロントガラスの窓拭きをしたため、助手席側窓を全開しチップを渡そうとしたところ、別の男性1名が突然運転席側窓を叩き始め、これに被害者が気をとられていた隙に、助手席側の男が解放されていた窓から手を伸ばし、ナビとして利用するためにダッシュボードに設置していたスマホを強奪し逃走した。被害者に身体的被害はなし。

 
4 被害品

スマートフォン

 
5 防犯対策

(1) 車の窓は常に閉め、ドアはロックする。窓を開放する必要がある際は必要最小限にする。

(2)運転中は、高価な時計・指輪等はつけない。また、スマホ等も外部から視認しやすい場所や外から手の届く場所に置かない。

(3)荷物がある場合は座席の上に置かず、直接目視できない床に置いたりトランクに収納する。

(4)チップを渡す場合に備え、小銭をポケット等に準備しておき、部外者の目前で財布を出す事がないようにする。

以上

 
在アルゼンチン日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます。

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。