5月8日,モロッコ内務省は,同日,中央司法捜査局(BCIJ)が,スペイン治安当局と連携し,ISILと連携していたメンバー5名からなるテロ細胞を解体したと発表しました。

モロッコ-治安 テロ情報.001

 
在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

 

 
1 5月8日付の内務省の声明によれば,同日,BCIJは,スペイン治安当局と連携し,22歳から33歳のISILと連携していたメンバー5名からなるテロ細胞を解体しました。

 
2 この声明によれば,このオペレーションは,モロッコと同盟国の安定に対するISILの永続的脅威に対抗するため,モロッコ・スペインの治安当局間の協力の枠組みで実施され,モロッコでは同国北部のフニデク(Fnideq)で活動していた3名が逮捕された一方,スペインではビルバオでモロッコ国籍及びセネガル国籍保有者各1名が逮捕されました。

 
3 また,この声明によれば,家宅捜査により,大型の刀剣,軍服,電子機器が押収されるとともに,これまでの捜査により,シリア・イラク地域の戦闘員と連絡を取っていたこのテロ細胞のメンバーは,過激思想のプロパガンダに共鳴し,ISILの凄惨な行為を称賛し,ISILの名の下にテロ行為を行うようモロッコ・スペイン両国の若者のリクルート活動を行っていました。

 
在モロッコ日本大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

この記事を読んだ人は、他にこんな記事も読んでいます。

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。