ボゴタ市チャピネロ区ロサレス地区で,車両強奪を狙ったけん銃使用の強盗事件が複数発生。

コロンビアのテロ・治安詳細情報.001

 
邦人の皆様は,可能な限り早い時間に帰宅するなど,出来る限りの防犯対策を執るとともに,万一強盗に遭った場合は絶対に抵抗しないで下さい。

 

 
1 ロサレス地区は,在コロンビア日本国大使館から東側に位置する閑静な住宅街ですが,報道によると以下のような事件が発生しています。

(1)1月15日午後10時30分ごろ,妊娠中の女性が車両で自宅マンション(Calle74 Cra3)駐車場の扉が開くまでのわずかな時間停止していた際,突然2人乗りのバイクから3発発砲を受け,乗用車を強奪された。女性は迅速に病院に運ばれ一命を取り留めた。

(2)1月11日,ロサレス地区において同様に女性が車両で自宅マンション駐車場に入ろうとしたところ,武装した2人組から車のドアを開けられそうになったほか,ドアの窓を武器でたたき割られそうになった。

 
2 報道によると,事件はボゴタ市チャピネロ区ロサレス地区で多く発生していますが,他の地区でも同様の事件が発生する可能性もあります。このような事件の被害を予測することは困難ですが,出来るだけ早い時間に帰宅する,自宅マンションの警備員へ警戒強化を依頼する等の出来うる安全対策を執るとともに,万が一強盗に遭った場合は絶対に抵抗しないで下さい。

 
在コロンビア日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。