カラカス首都圏チャカオ市アルタミラ地区、ロス・パロス・グランデス地区において誘拐事件が発生しました。

ベネズエラのテロ・治安詳細情報.001

 
これまで誘拐事件は,夜間帯(午後8時以降)に多発する傾向にありましたが,最近は,このように昼夜問わず発生しています。

 

 
1 発生状況
【1件目】

(1)発生日時
平成29年9月22日(土)午後2時00分頃

(2)発生場所
カラカス首都圏チャカオ市アルタミラ地区アイスクリーム店「4D」前道路

(3)状況
被害者(女性,30歳代)が,徒歩を通行中,南方向から走行してきた車両が,突然,被害者の前で停車して,同車両から出てきた犯人に,車両内に押し込まれて拉致されました。その後,被害者は,市内を数時間,連れ回されましたが,通報を受けた警察が各地で検問を実施した結果,夜,スクレ市内において車両を発見し,犯人を逮捕するとともに,被害者も無事解放されました。

 
【2件目】

(1)発生日時
平成29年9月26日(火)午後2時30分頃

(2)発生場所
カラカス首都圏チャカオ市ロス・パロス・グランディス地区レストラン「ラ・カサ・ビストロ」付近

(3)状況
被害者(男性,50歳代)が,上述のレストランで食事を終え,付近に止めていた車両に向かうため,徒歩で通行中,車に乗車した複数の男達に犯人の車に押し込まれ,拉致されました。通報を受けた警察が捜査中ですが,未だ被害者は解放されておらず,詳しい状況が不明です。

 
2 注意事項

(1)チャカオ市内では,チャカオ地区,ロス・パロス・グランデス地区・アルタミラ地区において,誘拐事件が多発しています。また,これまでと異なり,深夜早朝に限らず昼間帯に,歩行者を狙った誘拐事件が発生していますので,近場であっても,車両による行動をお願いします。

(2)誘拐事件の被害者のほとんどが,単独で行動しているところを狙われていますので,常に,2人以上で行動するように心掛けて下さい。

(3)車両を使用している場合でも,誘拐事件は,交通量や照明の少ない場所,警察が検問していない場所及び午後8時以降の時間帯に多発しています。また,上述の当地米国大使館現地職員に対する誘拐事件は,長時間,停車していた際に発生しているほか,従来より早朝深夜の外出時に狙われる可能性が高いことから,安全と言われるホテル周辺等においても,長時間の停車や深夜早朝の外出を控えるようにお願い致します。

 
在ベネズエラ日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。