レバノンへの旅行・観光時に病気になった場合の医療機関情報

 
レバノンへの旅行をお考え、あるいは観光中の皆様へ

本記事では日本国外務省にて紹介されている医療機関情報をご紹介致します。

 

 
完全予約制なので、前もって予約する必要があります。いずれの医療機関も24時間オープンの救急部門があります。受診料は高額です。入院の場合は相当額の預託金を請求されます。緊急時には救急車「140」またはタクシーを呼んでください。地方での緊急時には、可及的にベイルートの病院へ移動してください。

 


ベイルート市

(1)CMC (Clemenceau Medical Center)

所在地:Maamari Steet, Clemenceau

電話:(0)1-372888, Hotline 1240
ホームページ:http://www.cmc.com.lb/

概要:米国のJohns Hopkins Internationalと提携している私立総合病院です。最新の医療設備が完備されていて高度な医療を提供しています。

 

(2)AUBMC (American University of Beirut Medical Center)

所在地:Bliss Street, Hamra

電話:(0)1-350 000, Hotline 1242
ホームページ:http://www.aub.edu.lb/

概要:最新の医療設備が完備した大学付属総合病院。

 

(3)Trad Hospital Medical Center

所在地:53 Rue de Mexique, Clemenceau

電話:(0)1-369 494
ホームページ:http://www.hopitaltrad.com/

概要:特に産婦人科に定評がある伝統ある家族的な私立総合病院で、二次医療まで対応。

 


 
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/nm_east/lebanon.html)

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。