ウズベキスタンへの旅行・観光時に病気になった場合の医療機関情報

 
ウズベキスタンへの旅行をお考え、あるいは観光中の皆様へ

本記事では日本国外務省にて紹介されている医療機関情報をご紹介致します。

 

 


タシケント市

(1)Tashkent International Clinic (TIC) Ташкентская международная клиника

住所:38, Sarikul street, Tashkent 100105, Uzbekistan
ул. Сарыкуль 38, г. Ташкент, 100105, Республика Узбекистан

電話:午前8時30分-午後5時(99871)291-0142,291-0726,120-1120,120-1144
上記診療時間以外の救急(99871)327-3378,291-0142,291-0726

FAX:(8371)291-2246
ホームページ:http://www.tashclinic.org
E-mail:tic@tashclinic.org
診療時間:月から金曜日 午前8時半から午後5時まで。土日曜日休診。

概要:原則として,外国人のみ利用できるクリニックで,英語での受診が可能です。 歯科もあります。現在2名の米国人医師(総合内科医・小児科医)が在籍。入院施設はなく,出産・外科手術などは行っていません。日本の診療所程度で,家庭医的な一次的検査治療が行えるのみです。レントゲン検査, エコー検査が可能で,医療機器の多くは西欧製です。西欧製ワクチンの接種が可能ですが,事前に確認する必要があります。抗狂犬病ウイルス免疫グロブリンも常備しています。なお,査証が失効した場合は診療を受けることはできません。支払い方法はクレジットカードのみです。

 

(2)VITAMED

住所:109 A, Sh. Rustaveli street, Tashkent Uzbekistan
ул. Ш. Руставели, 109 А, Ташкент, Узбекистан

電話:(99871)129-8181,129-8282,
救急車依頼:(99871) 125-0003
ホームページ:http://vitamed.uz/ru/
E-mail:info@vitamed.uz
診療時間:月から土曜日 午前8時から17時半まで。日曜日休診。

概要:私立総合病院。インドにあるMedanta病院のブランチです。医師はウズベク人です。基本,ロシア語あるいはウズベク語対応ですが,英語の通訳がいます。診療科目は内科,神経内科,外科,小児科,産婦人科,歯科等です。重症に対応する大きな手術はできません。ドイツ製Ford社の高機能救急車を所有しており,依頼可能です。MRI,CT,超音波装置(ドイツ製),内視鏡(日本製)など高度検査医療器機が揃っています。ICU 4床と一般病床18床があり入院可能です。支払いは現地通貨(スム)払いです。

 


 
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/europe/uzbeki.html)

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。