マダラカデーの大規模集会開催に伴う注意喚起

ケニアのテロ・治安詳細情報.001

 
在留邦人の皆様、ケニア政府は、6月1日(木)、ケニア中部Nyeri郡において、マダラカデーを祝うための大規模集会を開催予定です。

 

 
ケニア総選挙前でもあり、同集会には、与野党関係者が多数参加することが予想され、同集会の開催場所付近で支持者間の衝突や暴動発生に警戒する必要があります。

また、警察力が会場付近に集中するために、ナイロビを始めとする各地で、路上強盗事件等が発生する可能性が高くなります。昨年のマダラカデーでは、ナイロビにおける治安悪化を受け、ジャンクション・モール付近を歩いていた米国人男性1名が銃殺(ジャンクション・モール付近)、ランゲージセンター付近を歩いていた中国人男性1名が銃撃を受けて重傷を負う事件が発生しました。

 

【マダラカデー・大規模集会】

・日時:6月1日(木)午前10時30分から
・場所:ケニア中部Nyeri郡Kabiruini ASKスタジアム(Nyeri中心部から北方3km地点)

 

【警備対策官からのお願い】

●特別な用件がない限り、集会開催場所には近付かないで下さい。

●マダラカデーを利用してNyeri郡に旅行する方は、集会開催場所付近の道路利用を極力避けて下さい。

●強盗等の犯罪被害に遭わないように、徒歩による移動を極力避けるとともに、車両移動中はドア・ロックを確実に行って下さい。

●万が一、強盗被害に遭遇した際は、決して犯人に逆らわないで下さい。物より命が大切です。

 
在ケニア日本国大使館

 
出典:外務省海外旅行登録「たびレジ」提供情報を加工して作成

 

 

投稿者:

Medici

本ブログは海外治安情報を中心に配信しております。